アルバイト 消費者金融

MENU

パートやアルバイトは消費者金融を利用できる?

収入が安定していることが消費者金融申し込みの条件です。
そう考えてみると正社員として働き基本給があることが最低限の条件のようにもみてとれます。
ところが消費者金融がいうところの「安定」とは正社員であることや収入が高いことではありません。
それは融資限度額に影響するものであり、審査に通るかどうかの問題とは異なります。

 

消費者金融の申し込み条件にある安定とは、今後も返済ができるだけの収入を続けられるのかということです。
例えばアルバイトで月10万円の収入があったとすればそれに見合った融資限度額が決められます。
融資限度額満額まで借り入れをしたとしても毎月確実に返済ができるかどうか、それは収入が無ければならないことです。
収入が無ければ返済はできない、それではその収入はどこから発生するのかといえば勤務先です。
これからも変わらず現在の勤務先で収入を得ることができる、それが消費者金融の申し込み条件にある安定です。

 

それではどのようにしてその安定を判断するのか気になるところでしょう。
消費者金融 口コミを見てみるのも良いかもしれません。
または、正社員として働き始めて1ヶ月、この場合はどうでしょうか。
まだ働き始めであり前職についてもよくわかっていません。
もしかすればこれまでが無職であり今ようやく正社員として働き始めたのかもしれません。
さらには転職を繰り返した流れの一つかもしれません。
1ヶ月程度では例え給料の高い正社員だったとしても今後を判断するにはあまりにも短い期間です。
一方、パートで5年務めている場合にはどうでしょうか。
これまで働いてきた期間を考えても責任ある仕事が任されていることは容易に想像ができます。
簡単に離職することは考えにくく今後も継続するであろうと判断される十分な期間です。

 

安定した収入があること、消費者金融の利用条件には必ず記載されている一文です。
もし今の収入がアルバイトによるもので高給ではなく、審査に通るかどうか心配だというのであればこれまで働いてきた期間を考えてみましょう。
客観的に見てその年月はこれから借り入れをした金額を返済するためにも安定して収入を得ていくことができると判断される期間があるのではないでしょうか。
それであれば消費者金融の審査、それほどの心配は必要ないでしょう。
これまでのあなたの働きが、今後のあなたを保証しています。

 

 

専業主婦は消費者金融での借り入れができない

消費者金融の申し込み条件を見てみるとそこには20歳から65歳未満などの「年齢」のほかに「本人の安定した収入」があります。
むしろこの2つの条件だけで良いことが消費者金融の特徴であり、メリットでもあるでしょう。
ところが本人に安定した収入を求めている消費者金融では専業主婦は借り入れができません。

 

今、将来の大型ローンを考えて収入の軸となる配偶者ではなく少額のキャッシングは主婦名義で行うという考え方が広まっています。
個人信用情報機関の存在も私たちは知るところとなり、インターネットやさまざまな情報源を通じて大型ローン例えば住宅ローンなどの審査に通るための準備ができるようになりました。
その一つとなるのが個人信用情報機関の清算です
債務履歴がマイナスに作用することもある大型のローンでは、個人信用情報機関に現在の債務情報はもちろんのこと、過去の債務履歴も掲載されていない方がよいとされています。
一定期間の掲載になりますのでその抹消を待つという方法もあります。
しかし、住宅購入はいつなんどきベストなタイミングが訪れるか知りません。
だからこそ少額のキャッシングをするときには主婦名義で行っておくという方法がつかわれるようになりました。

 

ところが消費者金融ではどこでも専業主婦の借り入れはできません。
貸金業法ではその消費者金融が認めるのであれば配偶者貸付もありとされていますが、現在の消費者金融で使われることはありません。
あくまでも本人の収入が審査の対象となっています。

 

それでは専業主婦は借り入れができないのかといえばそうではありません。
消費者金融ではできないものの、銀行カードローンであればいくつか限られた融資限度額の範囲内で利用できるところもあります。
みずほ銀行カードローンや三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックでも専業主婦は限度額30万円の範囲で申し込みができるとしています。
諦める前に探してみましょう。
キャッシングの理由が配偶者に秘密のものではなく、現在の家計と将来設計を考えた計画性のあるものであり、配偶者の同意があれば心配し過ぎるキャッシングでもないはずです。
キャッシングの基本は計画と返済にあります。
それが確実であれば専業主婦の借り入れもナシではないでしょう。